2014年05月04日

Finally I can let her meets my great grandma

産まれてからおおよそ2ヶ月弱、
やっと自分のばあちゃん、娘のひいばあちゃんに逢わす事ができました。

IMG_6317.jpg


もちろん娘はまだまだ赤ちゃんなので、何にもする事はできないけど、

「娘が産まれるまでは元気でいないとね」

そう言っていた事が耳に残ってて。
だから天候も穏やかになってきたこの時期に行こう、と娘が産まれてから決めてました。


IMG_6337.jpg



息子はもう何度も顔を会わせているので、
人懐っこくご飯やスイカを食べさせてもらってました。


IMG_6397.jpg



自分が子供の時、かなりばあちゃんっ子だった思い出があります。
色んな所に連れて行ってもらったり、
美味しい物を食べさせてもらったり、
時には怒られたり、
大学生になっても授業後にふらりと会いに行ったり。

気がつけば自分も39才で子供が二人。
毎日バタバタと生活してなかなか会いに行く事はできないけど、
それでもまだ元気に過ごしてくれて、
時々自分の子供を連れて行けるのは幸せな事です。


素直な自分の思いや感じた事を言葉にする事ができず、
無口であんまり喋らないし多分みんなそう思っているかと思いますが、
いつもめまぐるしく頭の中で言葉と考えがまるで渦のように巻いているんです。


言葉って大事な事だとはわかってます。
だけどなかなか口に出せない人だっているんです。


今回はばあちゃんの家から帰る時、玄関口まで出てきてくれたばあちゃんに
「元気でね。お大事に。また来るね」と
いつもより大きな声で感情を込めて言えた気がします。


また近いうちに会いに行きますか。




posted by Kazu at 21:05| Comment(0) | 僕は何処へ向かう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。